新着情報

 
【貴金属類の共同出荷事業】2019年度集荷分データ報告

「貴金属類の共同出荷事業」につきまして、第2回目(1月~2月)の集荷が完了しました。
第2回目の集荷をもって、2019年度の「貴金属類の共同出荷事業」は終了となります。
ご参加いただいた会員の皆様、誠にありがとうございました。
つきましては、2019年度集荷分データを以下のとおり報告させていただきます。

<参加者数>
 JAERA会員事業所 150社(第1回目:110社/第2回目:120社)
参加事業所数のカウントについて※
  第1回目と第2回目の両方に参加した事業所は二重にカウントせず、1社としている。
  このため、1回目と2回目の参加数の合計値にはならない。

<集荷重量>

基板(アルミ無) 基板(アルミ有) ABカプラー センサー類 合 計
第1回目集荷分 6,342.0 kg 376.5 kg 1,485.0 kg 5,805.0 kg 14,008.5 kg
第2回目集荷分 5,819.0 kg 415.0 kg 2,006.5 kg 6,035.0 kg 14,275.5 kg
総 計 12,161.0 kg 791.5 kg 3,491.5 kg 11,840.0 kg 28,284.0 kg
 
<分析結果>
 【第1回目集荷分】
 http://www.elv.or.jp/media/5/20200319-2018_kyoudou_1_bunseki1.pdf
 ※ 第1回目集荷分は、センサー類のみ分析中(分析が完了し次第、掲載)
【第2回目集荷分】
※ 現在分析中(分析が完了し次第、掲載)
 
ブロック・地域ごとの詳細データはこちら↓
 http://www.elv.or.jp/media/5/20200319-2019_kyoudou_20200316.pdf

昨年度以前の事業結果についてはこちら↓
 http://www.elv.or.jp/20-69-0.html
▲ページの先頭に戻る