新着情報

HOME > 新着情報
 

【HVバッテリー共同出荷事業】2020年度(上期)集荷分データ報告と対象品目追加及び価格改定に関するご案内

1.2020年度(上期)集荷分データ報告

「駆動用HVバッテリー共同出荷事業」につきまして、2020年度(上期)集荷分データを以下のとおり報告させていただきます。
ご参加くださった会員の皆様、誠にありがとうございました。

<参加者数>
 JAERA会員事業所 73社

<集荷期間>
 2020年4月~2020年9月

<集荷量>
プリウス20 プリウス30 プリウスα アクア カローラアクシオ/フィルダー レクサス
GS450H
クラウン
GWS204
231 個 205 個 10 個 128 個 0 個 2 個 9 個
 
クラウン
ASW210
SAI/レクサスHS250H カムリ
ハイブリッド
デュトロ 不良品A 不良品B 不良品C 合 計
 3 個  6 個  1 個   2 個    0 個   0 個   5 個  602 個 

ブロック・地域ごとの詳細データはこちら↓


2.対象品目追加及び価格改定に関するご案内

2020年10月より対象品目の追加と買取価格の改定(一部を除く)が行われています。追加対象品目等の詳細につきましては、以下の説明資料をご確認のうえ、会員の皆様はぜひご参加くださいますようお願いいたします。
 
※本事業への参加はJAERA会員限定です。
※説明資料の閲覧にはJAERA会員ページへのログインが必要です。

▼説明資料
 http://www.elv.or.jp/media/kagi/20201008-2020_shimoki_HV_kyodou_guide_20201008.pdf
(閲覧にはJAERA会員ページへのログインが必要です)

▼冠水HVバッテリーの引取に関する補足説明
 http://www.elv.or.jp/media/5/20191108-2019_HV_kyodou_kansui.pdf

▼集荷依頼書
 http://www.elv.or.jp/media/5/20200205-2019_HV_kyodou_req_20200204.pdf

2020/10/08 12:05

会員の皆様を対象とした景況調査とBCP実態調査を実施します。


このたび、東京都市大学環境学部木村眞実研究室のご協力のもと、「第1回 日本自動車リサイクル機構 景況調査」並びに、「2020年 日本自動車リサイクル機構 BCP実態調査」を行うこととなりました。

景況調査は、業界内における自社の位置付けを把握する情報を提供すること、BCP実態調査は、リスク対応への一助となること及び個社の経営環境に適応する事業継続計画(BCP)の策定に役立てることを目的として実施いたします。 調査実施方法等につきましては、以下をご参照のうえ、調査へのご協力をお願いいたします。

【第1回 日本自動車リサイクル機構 景況調査】
■調査回数:年4回(四半期毎:1~3月、4~6月、7~9月、10~12月)
■調査期間:1回目 2020年10月1日(木)~15日(木)
       ※2回目以降は決定後ご案内いたします。
■調査票送付:10月1日より当機構からFAXにて送付
■回答方法:FAX、WEBのいずれかにより回答
■回答期限:10月15日(木)まで
■詳細:http://www.elv.or.jp/media/5/20200923-keikyo_tyousa1.pdf
■WEB回答:こちらをクリックしてください。

【2020年 日本自動車リサイクル機構 BCP実態調査】
■調査期間:2020年11月1日(日)~15日(日)
■調査票送付:11月1日より東京都市大学から郵送で送付
■回答方法:郵送、FAX、WEBのいずれかにより回答
■回答期限:11月15日(日)まで
■詳細:http://www.elv.or.jp/media/5/20200923-bcp_tyousa.pdf
■WEB回答:こちらをクリックしてください。

2020/09/24 09:49

(追加情報)スズキ、日産、マツダの特定車両に車台詳細情報「2019 年 10 月 21 日発行の火災防火措置を実施して下さい」の表示を掲載しました。火災防止措置の実施をお願いします。


自動車再資源化協力機構(自再協)より、スズキ、日産、マツダの一部対象車両のエアバッグ類車上作動処理実施前の火災防止措置に関する追加情報です。

スズキ、日産、マツダの一部対象車両は、エアバッグ類車上作動処理を実施した際に運転席側後方のフロアアンカー部に装備されているラップアウタプリテンショナー(※)からカーペット等に引火する可能性があるため、エアバッグ類車上作動処理を実施する前に火災防止措置の実施を「JARP2019.10 A-1914A」で再通知しています。
(※)適正処理情報 共通情報では、ではファイナルアンカーと表記

このたび、JARPホームページに掲載の「JARP2019.10 A-1914A」を実施いただくことを周知するため、車台詳細情報のエアバッグ類詳細情報に火災防止措置の実施を表示するようになりました。

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。

↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
(追加情報)スズキ、日産、マツダの特定車両に車台詳細情報「2019年10月21日発行の火災防火措置を実施して下さい」の表示を掲載しました。火災防止措置の実施をお願いします。(自再協HP)

2020/09/18 11:04

【共同出荷事業】第1回目(7月)集荷分データ報告


「貴金属類の共同出荷事業」につきまして、第1回目(7月)集荷が終了しました。
ご参加いただいた会員の皆様、誠にありがとうございました。

今年度第1回目集荷分の重量データを以下のとおり報告させていただきます。
※今回集荷されたコンピュータ基板の中に電池が付着したままのパソコン基板が混入していた模様です。電池が付着したまま破砕工程に投入してしまうと火災等の原因になり、全体の品位低下にもつながりますので、次回出荷の際には、安全性の観点から指定品目以外が混入しないよう十分なご確認をお願いいたします。
 
 

<参加者数>
 JAERA会員事業所 106社

<集荷重量>
基板(アルミ無) 基板(アルミ有) ABカプラー センサー類 合 計
5,222.5 kg 175.5 kg 1,272.0 kg 6,388.0 kg 13,058.0 kg

都道府県別の詳細データはこちら↓
 http://www.elv.or.jp/media/5/20200831-2020_kyoudou_1.pdf

昨年度以前の事業結果についてはこちら↓
 http://www.elv.or.jp/20-69-0.html

2020/09/04 11:16

車台詳細情報の未確認は措置対象となります!


自動車再資源化協力機構(自再協)より、車上作動処理委託契約事業者の代表者、車上作動処理実施責任者の皆さまへ周知がありました。

車台詳細情報を確認せず車上作動業務を実施していた場合、規約第7条の規定に従い、登録の取り消し、または一時停止等の措置を行う場合がありますので、必ず車台詳細情報をご活用ください。

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。

↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
車台詳細情報の未確認は措置対象となります!(自再協HP)

2020/08/28 17:26

過充てんは高圧ガス保安法違反です!!


フロン類回収業者の皆さまへ自動車再資源化協力機構(自再協)より、過充てんについての周知ありました。

過充てんは、高圧ガス保安法違反であるとともに、ボンベ破断の可能性があり大変危険です。法律で定められた充てん量を超えないよう、以下の内容について再確認をお願いします。

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。

↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
過充てんは高圧ガス保安法違反です!!(自再協HP)

2020/08/19 12:08

【令和2年7月豪雨】引取業者、解体業等の登録・許認可に係る期間の延長措置について


経済産業省、環境省は、今般の豪雨(令和2年7月豪雨)に伴い、昨年の台風第19号の際と同様に自リ法の特別措置(登録、許可の期限延長)について、告示を行いましたのでお知らせいたします。

告示については、以下のリンクをご参照ください。

↓↓↓ 要確認 ↓↓↓

経済産業省、環境省告示第8号(官報)

具体的には、
令和2年7月豪雨に際し災害救助法が適用された同法第2条に規定する災害発生市町村の区域に事業所を有する者(※被災の有無にかかわらず、その区域に事業所を有する者はすべからく対象となります。)で、
・引取業者の登録
・フロン類回収業者の登録
・解体業の許可
・破砕業の許可
令和2年12月27日以前にその効力を失う場合、令和2年12月28日まで満了日を延長されることとなります。
 

災害救助法が適用された災害発生市町村の区域については、以下のURLをご参照ください。

↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
災害救助法の適用状況(内閣府)

2020/07/21 16:48

令和2年7月豪雨に伴って生じた被災自動車のエアバッグ類の処理について


このたびの令和2年7月豪雨によって被害に遭われた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。

被災地においては、すでに被災車両が大量に発生しており、今後、人力でドアが開閉しないものや車室が原形を留めていない大破被災自動車の発生も見込まれることから、エアバッグ類の処理に当たり、経済産業省、環境省より事務連絡(留意事項)が届きましたのでお知らせいたします。

安全性の観点に留意し作業をいただきますようお願いいたします。
なお、この通知については、自動車再資源化協力機構、関連自治体への周知も行われております。

本件の詳細については、以下のリンクをご参照ください。
令和2年7月豪雨に伴って生じた被災自動車のエアバッグ類の処理にあたっての留意事項

2020/07/21 12:05

令和2年7月豪雨の影響に伴うフロン類ボンベおよびエアバッグ類の集荷遅延等について

自動車再資源化協力機構(自再協)より、令和2年7月豪雨の影響に伴うフロン類ボンベおよびエアバッグ類の集荷遅延等に関するお知らせです。

豪雨による河川の氾濫などの影響により、一部の地域において皆さまからのフロン類ボンベ(パレット)の集荷および返却、エアバッグ類の回収ケースの集荷遅延等が発生しております。

以下のURLも併せてご確認ください。
 ▼自再協ホームページ

2020/07/20 10:32

夏季休業中のフロンボンベ集荷・返却に関するお知らせ

自動車再資源化協力機構(自再協)より、夏季休業中のフロンボンベ集荷・返却に関するお知らせです。
提携運搬会社(日本通運(株))の夏季休業(8/8~8/16)によりボンベの集荷・返却日程が通常と異なります。
詳細は、以下のURLをご確認ください。
 
▼自再協ホームページ

2020/07/10 12:49

▲ページの先頭に戻る