新着情報

HOME > 新着情報
 

HFO-1234yfをカーエアコン用冷媒として使用する自動車の取り扱い


経済産業省より、HFO-1234yfをカーエアコン用冷媒として使用する自動車の取り扱いに関する文書が公表されました。

▼公表された文書
http://www.elv.or.jp/media/12/20170622-HFO-1234yf.pdf

HFO-1234yfは自動車リサイクル法に基づきフロン類回収業者が回収しなければならない対象ではなく、フロン類の破壊に関する再資源化等料金(リサイクル料金)は設定されていません。このため、HFO-1234yfの処理については、大気開放を行うことも、自主的に回収を行うことも可能です。ただし、リサイクル料金が設定されていないことから、回収を行っても回収料金は支払われませんので、ご留意ください。

自主的に回収を行う場合には、高圧ガス保安法との関係に留意が必要です。特定の要件を満たしている回収装置を使い、取り扱いに関する注意点をふまえて回収を行うことで高圧ガス保安法の適用除外となります。詳細は上記リンク先文書の「3.高圧ガス保安法との関係」をご参照ください。

2017/06/22 10:02

フロン類ボンベ・パレットの集荷希望時間帯12時~14時廃止のお知らせ


自動車再資源化協力機構より、フロン類ボンベ・パレットの集荷時間帯に関するお知らせがありました。
▼詳細はこちら
http://www.elv.or.jp/media/12/20170615-jarp_info_20170615.pdf

提携運搬会社(ヤマト運輸)のサービス変更の都合により、2017年6月19日より自動車リサイクルシステムの集荷希望時間の一部(12時~14時)が廃止となります。 当面は12時~14時を選択できますが、集荷はできませんので、別の時間帯の選択をお願いいたします 。

※12時~14時を選択された場合は、ヤマトコンタクトサービス株式会社より調整の連絡が入りますが、不在等によりご連絡がつかない場合は、集荷が遅れる可能性があります。あらかじめご了承ください。 
 

2017/06/15 17:41

2017年度「貴金属類の共同出荷事業」のご案内

2017年度も「貴金属類の共同出荷事業」の実施が決定いたしました。
以下のリンクのとおり説明資料を作成しましたので、ご確認のうえ、会員の皆様はぜひご参加くださいますようお願いいたします。
※本事業への参加はELV機構会員限定です。

↓↓↓要確認↓↓↓
http://www.elv.or.jp/media/12/20170523-2017_kyoudou_guide.pdf

2017/05/23 11:53

自再協からのお知らせ:自動車リサイクルシステム入力方法変更のご案内 


自動車再資源化協力機構より、自動車リサイクルシステム入力方法変更のご案内がありました。(変更日:2017年5月16日火曜日)
変更1 フロン類集荷依頼時のボンベ・パレットサイズの初期設定について 

フロン類回収工程のフロン類引渡報告画面(1.5メーカー直送/1.9発送拠点経由)で集荷依頼時のボンベ・パレットサイズが「20、24kgボンベ」に初期設定されます。 ※ボンベ・パレットサイズが「20、24kgボンベ」以外の場合は、 該当のボンベ・パレットサイズを選択してください。 

 
変更2 エアバッグ類引渡報告時のケース番号入力について

解体工程のエアバッグ類引渡報告画面(1.11引渡報告)において、ケース番号の入力桁数がハイフンを除く数字7桁(必須)になります。 

2017/05/16 12:38

自再協からのお知らせ:無通知監査の開始/一括作動処理時のカーペット引火(再周知)


自動車再資源化協力機構より、以下2点お知らせがありました。
 
無通知監査の開始

今年度もエアバック類不適正処理の撲滅、安全対策の実施状況等の確認を行うべく、自再協および自再協が委託した監査人(株式会社 矢野経済研究所)による無通知での現地監査が実施されます。一部の方におかれましては、国機関による立入検査も実施されますので、円滑な受け入れ・進行にご協力ください。正当な理由なく監査・検査の受け入れを拒否された場合は、車上作動処理契約の登録が取り消しとなる場合もあります。
▼詳細はこちら
http://www.jarp.org/news/2017/airbag170512.html

 
スズキ・日産・マツダ車両一括作動処理時のカーペット引火に関する再周知

対象車両の廃車が増加しているため、2016年10月に行ったお知らせの再周知です。
▼詳細はこちら

上記リンクの文書にある対象車両について、エアバッグ類一括作動処理を実施した際に、運転席側後方のフロアアンカー部に装備されているラップアウタプリテンショナー(※)から乗員乗車時よりも多く高温高圧のガスが噴出し、その熱によってカーペット等に引火する可能性があります。 
(※適正処理情報  共通情報では、ファイナルアンカーと表記)
したがって、エアバッグ類一括作動処理実施前に上記リンク文書にある作業手順に従ってフロアカーペットからラップアウタプリテンショナー部を露出させてから、一括作動処理を実施してください。 

2017/05/12 16:23

「2017年度会員交流会」のご案内


6月16日(金)、ELV機構の「2017年度会員交流会」を開催いたします。
つきましては、タイムスケジュールや開催場所などを以下のとおりご案内させていただきます。
ご参加をご希望される方は、「案内文書・出欠回答票」をクリックして出欠回答票にてお申し込みください。
▼案内文書・出欠回答票
 
日程およびタイムスケジュール

2017年6月16日(金)

定期社員総会 13:00~14:00(12:30受付開始)※社員(団体代表者)以外の方はオブザーバーとしての参加となります。

会員交流会  14:15~15:45(13:45受付開始)

懇 親 会  16:00~18:00(15:30受付開始)
 
 
開催場所
 
TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター
(住所:東京都中央区八重洲1-2-16TGビル)

▼アクセス
参加申込方法
 
ご参加を希望される方は、以下の案内文書をご確認のうえ、最終ページの出欠回答票にてお申し込みください。
※ご参加はELV機構会員の方に限ります。

▼案内文書・出欠回答票

2017/05/01 15:33

【未来部会】講演会および懇親会のご案内


未来部会は、部会の方針である「次世代人材の育成」「ELV機構の事業活性化」「ELV機構会員間の意思疎通」を推進し、全国の若手経営者・後継者の参加を募るべく、講演会および懇親会を開催します。
概要は以下のとおりですので、皆様のご参加をお待ちしております。
 
開催概要

日  程 6月17日(土) 講演会=10:00~15:00 懇親会=15:00~17:00

場  所 一般社団法人日本ELVリサイクル機構 本部事務所会議室
      http://www.elv.or.jp/19-68-0.html(←ページ下部に地図あり)
      ※懇親会は別会場にて開催しますが、現状未定です。

講演内容 第1部「欧州のサーキュラー・エコノミーがELVリサイクルに及ぼす影響」
         公益財団法人 日本生産性本部 コンサルティング部
         エコ・マネジメント・センター長  喜多川 和典 様
 
     第2部「知らないと損する銀行交渉のツボ!!」
         大久保会計事務所 税理士     大久保 俊治 様

募集人数 30名(先着順)

費  用 講演会=無料 懇親会=4,000~5,000円

申込方法

申込先メールアドレス宛てのメールにて以下のとおりお申し込みください。
申込先メールアドレス:jaera-homepage★elv.or.jp(←★を@に変えてお送りください)
※申込締切※ 6月2日(金)

件  名 「第1回未来部会主催講演会/懇親会参加申込」

本  文 事業所名/氏名/役職/事業所所在地(住所)/事業所連絡先(電話番号、FAX番号)
     本文には上記すべての項目の内容を明記してください。

お問い合わせ先

一般社団法人日本ELVリサイクル機構 事務局
担当 金子 靖史
電話:03-3519-5181/FAX:03-3597-5171
 
講演会次第

6月17日(土)

10:00 開会挨拶
10:05 講演会 第1部「欧州のサーキュラー・エコノミーがELVリサイクルに及ぼす影響」
            公益財団法人 日本生産性本部 コンサルティング部
            エコ・マネジメント・センター長  喜多川 和典 様
11:05 意見交換会
12:05 昼食
13:00 講演会 第2部「知らないと損する銀行交渉のツボ!!」
            大久保会計事務所 税理士     大久保 俊治 様
14:00 意見交換会
14:55 閉会挨拶

2017/04/27 14:08

ゴールデンウィーク期間中のフロン類回収実務に関するお知らせ


自動車再資源化協力機構より、ゴールデンウィーク期間中のフロン類回収実務に関するお知らせがありました。
ゴールデンウィーク期間中は、集荷・引取体制が通常と異なります。
大型ボンベ・専用パレットの返送期間が通常より長くなりますので、余裕を持ってお引き渡しください。
詳細は、以下のURLより指定引取場所ごとの案内をご確認ください。
 
※ゴールデンウィーク期間中のフロン類回収実務に関するお知らせ※

2017/04/25 13:54

自動車リサイクルシステム「練習用システム」リニューアルのお知らせ


2017年4月24日より、自動車リサイクルシステムの事業者向け「練習用システム」がリニューアルされます。
最新の画面仕様になっており、入力項目も増え、実際のPC操作に近い練習が可能です。
登録していない事業者(新規事業者)の方も利用できるようになったので、皆様ぜひご活用ください。
具体的なリニューアル内容については、以下の資料をご確認ください。

▼事業者向け「練習用システム」リニューアルのお知らせ
 http://www.elv.or.jp/media/12/20170420-ad.pdf

▼練習用システム早わかりガイド
 http://www.elv.or.jp/media/12/20170420-guide.pdf

本件は、自動車リサイクルシステムホームページの「トピックス」にも掲載されています。 
※自動車リサイクルシステムホームページ  URL:  http://www.jars.gr.jp/ 

2017/04/20 12:01

フロン類全量回収のお願い


自動車再資源化協力機構より、フロン類全量回収のお願いがありました。

フロン類の回収作業を適正に行うと回収料金が増える可能性があります。
以下のリンク先に「回収料金の算出方法」や「回収量が下がってしまう要因」などがまとめられています。
ご確認のうえ、フロンの適正回収・最大回収に ご協力のほどよろしくお願いします。 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓要確認↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2017/03/10 14:05

▲ページの先頭に戻る