新着情報

HOME > 新着情報
 

【HVバッテリー共同出荷事業】2020年度集荷分データ報告と2021年度事業実施のご案内

1.2020年度集荷分データ報告

2020年度の「駆動用HVバッテリー共同出荷事業」は、会員皆様のご協力により無事終了しました。
集荷分の結果がまとまりましたので、以下のとおり報告させていただきます。
ご協力をいただきました会員の皆様、誠にありがとうございました。

<参加者数>
 JAERA会員事業所 85 社(2019年度:74 社)

<集荷期間>
 2020年4月~2021年3月

<集荷量>
 合計 1,298 個(2019年度:831 個) ※内訳は下表による。

プリウス20
NHW20
プリウス30
ZVW30
プリウスα
ZVW41
アクア/ヴィッツ
NHP10/NHP130
カローラアクシオ/フィルダー
NKE165
レクサス
GS450H
GWS191
クラウンHV
GWS204
344 個 553 個 20 個 290 個 1 個 2 個 16 個
 
クラウンHV
AWS210
SAI/レクサスHS250H
AZK10/ANF10
カムリHV
AVV50
日野デュトロ
/ブルーリボン
HU8JLGP
ノア/ヴォクシー
/エスファイア
ZWR80
プリウス50
ZVW50/ZVW55
不良品A~C
10 個 22 個 7 個 2 個  2 個 2 個 27 個

2020年度のブロック・地域ごとの詳細データはこちら↓

2019年度のブロック・地域ごとの詳細データはこちら↓


2.2021年度事業実施のご案内

「駆動用HVバッテリー共同出荷事業」につきまして、2021年度も継続して事業を実施いたします。
実施概要等は昨年度下期と変わりませんが、以下の資料をご確認のうえ、会員の皆様はぜひご協力をお願いいたします。
 
※本事業への参加はJAERA会員限定です。
※説明資料の閲覧にはJAERA会員ページへのログインが必要です。

▼説明資料
 http://www.elv.or.jp/media/kagi/20210409-2021_HV_kyodou_guide.pdf
(閲覧にはJAERA会員ページへのログインが必要です)

▼冠水HVバッテリーの引取に関する補足説明
 http://www.elv.or.jp/media/5/20210409-2021_HV_kyodou_kansui.pdf

▼集荷依頼書
 http://www.elv.or.jp/media/5/20210409-2021_HV_kyodou_req.pdf

2021/04/09 14:21

 大型連休期間中のフロン類回収実務に関するお知らせ


自動車再資源化協力機構(自再協)より、大型連休期間中のフロン類回収実務に関するお知らせがございました。

大型連休期間中の集荷日程スケジュール及び集荷再開日等の内容となっておりますので、以下のとおりご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。
↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
大型連休期間中のフロン類回収実務に関するお知らせ(自再協HP)

2021/04/02 11:59

 第2回日本自動車リサイクル機構景況調査を実施します。
 
会員の皆様を対象とした「第3回 日本自動車リサイクル機構 景況調査」を、1月に実施した第2回目に引き続き、東京都市大学環境学部木村眞実研究室のご協力のもと、実施することとなりました。


景況調査は、業界内における自社の位置付けを把握する情報を提供することを目的として四半期毎に実施しております。 調査実施方法等につきましては、以下をご参照のうえ、調査へのご協力をお願いいたします。

【第3回 日本自動車リサイクル機構 景況調査】
■調査期間:2021年4月1日(木)から4月15日(木)まで
■調査票発送方法:FAX(4月1日に事務局がFAX送信)と、WEB(以下のURL)
■調査詳細:www.elv.or.jp/media/20/20210330-keikyo3.pdf
■回答方法:FAX提出、WEB回答のどちらか1つ
(FAXの混雑が予想されますので、出来るだけWEBでのご回答をお願いいたします。)
■FAX送信先:03-3597-5171 (一社)日本自動車リサイクル機構事務局 宛
■WEB回答はこちら:https://forms.gle/Ro9QM9mAW7jELRAr7
■回答期限:2021年4月15日(木)まで

【過去の景況調査結果はこちら】
第1回目
http://www.elv.or.jp/media/20/20201127-keikyotyousa1.pdf
第2回目
http://www.elv.or.jp/media/20/20210218-keikyotyousa2.pdf

2021/03/31 09:40

 2021年度エアバッグ類集荷関連書類について


自動車再資源化協力機構(自再協)より、「2021年度エアバッグ類集荷関連書類」につきまして、解体業者の皆様へ以下のとおりお知らせがございましたので、ご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。

【お知らせ】
平素はエアバッグ類回収業務にご協力賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、自再協ホームページから閲覧・取得出来るエアバッグ類集荷関連書類 (回収依頼票・スケジュール等)ですが、2021年度版に更新をいたしました。
下記リンク先の手順にて、2021年度版の集荷に関する書類を確認いただき、ご活用ください。
なお、2020年度版については、4月1日以降は削除いたしますので、ご承知おきください。

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。
↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
2021年度エアバッグ類集荷関連書類について(自再協HP)

2021/03/10 16:39

【貴金属類の共同出荷事業】2020年度集荷分データ報告


「貴金属類の共同出荷事業」につきまして、第2回目(1月~2月)の集荷が完了しました。
第2回目の集荷をもって、2020年度の「貴金属類の共同出荷事業」は終了となります。
ご参加いただいた会員の皆様、誠にありがとうございました。
つきましては、2020年度集荷分データを以下のとおり報告させていただきます。

<参加者数>
 JAERA会員事業所 144社(第1回目:106社/第2回目:119社)
参加事業所数のカウントについて※
  第1回目と第2回目の両方に参加した事業所は二重にカウントせず、1社としている。
  このため、1回目と2回目の参加数の合計値にはならない。

<集荷重量>

基板(アルミ無) 基板(アルミ有) ABカプラー センサー類 合 計
第1回目集荷分 5,222.5 kg 175.5 kg 1,272.0 kg 6,388.0 kg 13,058.0 kg
第2回目集荷分 4,690.0 kg 181.0 kg 1,767.0 kg 9,748.0 kg 16,386.0 kg
総 計 9,912.5 kg 356.5 kg 3,039.0 kg 16,136.0 kg 29,444.0 kg
 
<分析結果>
 ※ 現在分析中(分析が完了し次第、掲載)
 
ブロック・地域ごとの詳細データはこちら↓
 http://www.elv.or.jp/media/5/20210308-2020_kyoudou_20210304.pdf

昨年度以前の事業結果についてはこちら↓
 http://www.elv.or.jp/20-69-0.html

2021/03/08 10:10

 製造から20年を超えたボンベは2年ごとの検査が必要です


自動車再資源化協力機構(自再協)より、解体業者の皆さまへ「製造から20年を超えたボンベ」につきまして、周知事項がございましたので、以下の事項をご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。

【周知事項】
製造から20年を経過した継ぎ目ありのボンベは、2年ごとの検査が必要となり、20年経過後に充填する際に至っては、さかのぼって2年以内に検査を受けている必要があります。

検査期限が切れたボンベへの充填は「高圧ガス保安法違反」となりますので、お使いのボンベをご確認いただきますようお願いいたします。

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。
↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
製造から20年を超えたボンベは2年ごとの検査が必要です(自再協HP)

2021/02/05 09:08

 自動車再資源化協力機構(自再協)より、以下2点のお知らせがございましたので、ご案内させていただきます。

エアバッグ車上作動処理防護シートの費用対効果について


現在販売している“エアバッグ車上作動処理防護シート”の費用対効果をシミュレーションし、その内容をホームページに掲載したとのお知らせがございました。

自動車リサイクル高度化財団の助成を受けた特別価格での購入は“2021年3月”までとなり、販売残数も少なくなってきております。ご購入を予定されている方はお早めにお申し込みください。

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。

↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
エアバッグ車上作動処理防護シート費用対効果について掲載しました。(自再協HP)

回収ケース引き渡し時の引渡対象車台リストについて

近年、ケース内のエアバッグ類と移動報告の不一致により指定引取場所で引取拒否となる事案が増加しております。

引取拒否となった場合には返却に伴う運搬費用等を請求させていただくことになります。
こうした事案を防止するため、エアバッグ類を引き渡す際には、必ず「引渡対象車台リスト」を回収ケース内に収納するようお願いいたします。

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。

↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
回収ケース引き渡し時には引渡対象者台リストを収納してください。(自再協HP)

2021/01/29 16:35

自動車リサイクルシステムAIチャットボットによる自動応答サービス開始のお知らせ

 自動車リサイクル促進センター(JARC)より、自動車リサイクルシステムにつきまして、「AIチャットボットによる自動応答サービスの開始」のお知らせがございましたので、ご確認いただきますようお願いいたします。

【お知らせ】
これまで関連事業者や自動車所有者が自動車リサイクルに関する疑問を解決するためのチャネルとして、電話対応窓口である自動車リサイクルコンタクトセンターと自動車リサイクルシステムのホームページの「よくあるご質問」の2つを提供してきましたが、新たなお問合せ用のチャネルとして、自動応答サービスの提供を開始いたします。

1.自動応答サービスとは
自動車リサイクルに関するご質問に自動でチャット(会話)形式で回答するサービスです。(オペレーターによる有人対応ではありません)


2.サービス開始日
2021年1月29日(金)

3.サービス内容
(1)自動車リサイクルシステムウェブサイトのトップページ等に自動応答チャット画面への 入り口(バナー)を設置しています。(添付資料をご参照ください)

(2)バナーをクリックすると自動応答チャット画面が開きます。質問したい内容を入力すると、AIで回答を検索して回答を画面に表示します。

3)パソコン、スマートフォン、タブレットから24時間365日いつでもご利用が可能です。

4.添付資料
「AIチャットボットによる自動応答サービス開始のお知らせ」
http://www.elv.or.jp/media/20/20210127-aibot.pdf

<自動車リサイクルシステムホームページのURL>
トップページ http://www.jars.gr.jp/
よくあるご質問ページ http://www.jars.gr.jp/faq/exfq0200.html


2021/01/27 16:17

第2回日本自動車リサイクル機構景況調査を実施します。
 
会員の皆様を対象とした「第2回 日本自動車リサイクル機構 景況調査」を、昨年の10月に実施した第1回目に引き続き、東京都市大学環境学部木村眞実研究室のご協力のもと、実施することとなりました。

 
景況調査は、業界内における自社の位置付けを把握する情報を提供することを目的として四半期毎に実施いたします。 調査実施方法等につきましては、以下をご参照のうえ、調査へのご協力をお願いいたします。
 
【第2回 日本自動車リサイクル機構 景況調査】
■調査期間:2021年1月7日(木)から1月21日(木)まで
■調査票:1月7日(木)より当機構からFAXにて送信とWEB(以下WEB回答のURL)
■調査詳細:http://www.elv.or.jp/media/20/20210106-keikyou2kaime.pdf
■回答方法:FAX、WEBのいずれかにより回答
(FAXの混雑が予想されますので、出来るだけWEBでのご回答をお願いいたします。)
■FAX送信先:03-3597-5171 (一社)日本自動車リサイクル機構事務局 宛
■WEB回答はこちら:終了いたしました。
■回答期限:2021年1月21日(木)まで

2021/01/06 10:52

 2021年度の自動車リサイクルシステムの稼働停止日のお知らせ


自動車リサイクル促進センターより、2020年度の自動車リサイクルシステムの稼働停止日のお知らせがありましたので、以下のリンク先をご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

「自動車リサイクルシステム計画停止日一覧」
 URL:http://www.jars.gr.jp/common/excm0020.html

2020/12/02 17:50

▲ページの先頭に戻る