新着情報

HOME > 新着情報
 

 自動車リサイクルシステムの稼働停止日等のご案内


自動車リサイクル促進センター(JARC)より、「自動車リサイクルシステム」の稼働停止日等について、以下のとおりお知らせがございましたので、ご案内させていただきます。
↓↓↓
平素より「自動車リサイクルシステム」の運用におきまして、格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、「自動車リサイクルシステム」では、例年、データやシステムの整備を行うために、稼働停止日 を設けておりますが、来年度も下記リンク先のとおりシステムを停止させていただきます。
皆様方にはご不便をおかけいたしますが、 何卒よろしくお願い申し上げます。 

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。
↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
「自動車リサイクルシステム」の稼働停止日等のご案内

2021/12/01 13:10

 誤った個別作動処理方法により人身事故が発生しました!


 自動車再資源化協力機構(自再協)より、誤った個別作動処理方法により人身事故が発生したことについて、以下のとおりお知らせがございました。
↓↓↓
 先般、エアバッグ類個別作動処理の際にエアバッグコントロールユニットに接続されているコネクタ部の配線を切断しようとし、エアバッグ類が異常作動したことで作業員が怪我をする事案が発生しました。 誤った車上作動処理の方法は死亡や重症など重大な事故に結びつく可能性があることから 適正処理情報に基づく作業を遵守してください。 

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。
↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
誤った個別作動処理方法により人身事故が発生しました!(自再協HP)


2021/11/11 13:48

 事務所勤務一部再開のご連絡


 自動車再資源化協力機構(自再協)より、「事務所勤務一部再開のご連絡」がございましたので、以下のとおりご案内させていただきます。
↓↓↓
 新型コロナウィルス感染症の感染拡大を防止する観点から政府・東京都等の基本方針に基づき、自再協では「全面テレワーク(在宅勤務)」を導入しておりましたが、緊急事態宣言および都道府県をまたぐ移動自粛制限解除、直近の感染状況を鑑み、事務所での勤務を一部再開いたします。
 
1)事務所での勤務再開日:11 月 1 日(月)

2)お問合せについては、通常通りお電話での問合せ受付を再開致します。
※一部再開であることから、極力メールでお問い合わせをいただくようご協力お願いいたします。

3)事業者登録内容変更(振込口座変更等含む)・電子マニフェストシステム・移動報告の操作方法については、下記にて受け付けております。

【お問い合わせ先】 自動車リサイクルコンタクトセンター 電話:050-3786-7755
 

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。

↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
事務所勤務一部再開のご連絡(自再協HP)


2021/11/01 17:38

 過充てんは高圧ガス保安法違反です!!


 自動車再資源化協力機構(自再協)より、フロンボンベの過充てんは高圧ガス保安法違反となることについて、以下のとおりお知らせがございましたので、ご案内させていただきます。
↓↓↓
 過充てんは、高圧ガス保安法違反であるとともに、ボンベ破断の可能性があり大変危険です。 法律で定められた充てん量を超えないよう、以下の内容について再確認をお願いします。 なお、過充てんが発生した場合は、管轄の自治体へ通知させて頂きます。 

本件の詳細については、以下のリンク先をご参照ください。
↓↓↓ 要確認 ↓↓↓
過充てんは高圧ガス保安法違反です!!(自再協HP)


2021/10/04 16:49

10月1日より自動車リサイクルシステム解体工程画面が改修されます。


10月1日より自動車リサイクルシステム解体工程画面の改修(2点)が行われる旨、自動車リサイクル促進センターよりお知らせがありました。

1.車上作動選択画面の改修
車上作動でエアバッグを処理する業者は、移動報告時に回収・作動を選択し、荷姿作成やセンター報告を行っている。
その際、車台選択を2度行う必要があるが、選択を1度で完了するよう改修を行います。

2.車上作動後の閲覧画面での検索条件変更
これまで、毎月大量の車台を処理し、かつエアバッグの大半を車上作動で展開する解体業者が、車上作動後閲覧画面で対象車台等を検索しようとすると、最大三ヶ月分の引渡済車台が抽出され、まとめや絞り込みが困難になっていることから、検索範囲の絞り込みができるよう改修を行います。
 
詳細は下記リンク先よりご確認ください。

▼要確認
https://www.elv.or.jp/media/5/20210930-JARS_kaisyu.pdf

2021/09/30 10:13

 第5回 日本自動車リサイクル機構景況調査を実施します。
 
会員の皆様を対象とした「第5回 日本自動車リサイクル機構 景況調査」を、6月に実施した第4回目に引き続き、東京都市大学環境学部木村眞実研究室のご協力のもと、実施することとなりました。


景況調査は、業界内における自社の位置付けを把握する情報を提供することを目的として四半期毎に実施しております。 調査実施方法等につきましては、以下をご参照のうえ、調査へのご協力をお願いいたします。

【第5回 日本自動車リサイクル機構 景況調査】
■調査期間:2021年9月16日(木)から9月30日(木)まで
■調査票発送方法:FAX(9月16日に事務局がFAX送信)と、WEB(以下のURL)
■調査詳細:https://www.elv.or.jp/media/5/20210915-keikyo5.pdf
■回答方法:FAX提出、WEB回答のどちらか1つ
(FAXの混雑が予想されますので、出来るだけWEBでのご回答をお願いいたします。)
■FAX送信先:03-3597-5171 (一社)日本自動車リサイクル機構事務局 宛
■WEB回答はこちら:終了いたしました。
■回答期限:2021年9月30日(木)まで

【過去の景況調査結果はこちら】
第1回目
http://www.elv.or.jp/media/20/20201127-keikyotyousa1.pdf
第2回目
http://www.elv.or.jp/media/20/20210218-keikyotyousa2.pdf
第3回目
https://www.elv.or.jp/media/20/20210526-keikyo3.pdf
第4回目
https://www.elv.or.jp/media/20/20210720-keikyo4_202107.pdf

2021/09/15 15:39

【共同出荷事業】第1回目(7月)集荷分データ報告


「貴金属類の共同出荷事業」につきまして、第1回目(7月)集荷が終了しました。
ご参加いただいた会員の皆様、誠にありがとうございました。

今年度第1回目集荷分の重量データを以下のとおり報告させていただきます。

※今回集荷されたセンサー類に配線が極端に長いものや異物の混入があったようです。これは品位の低下につながるだけでなく、配線の切断などの作業工数がかかることにより、今後の単価への影響もありますので、次回出荷の際には、事業説明資料の12ページをご確認のうえ、配線を極力短く切断いただくこと、また、異物や指定品目以外のものが混入しないよう十分なご確認をお願いいたします。
 
 

<参加者数>
 JAERA会員事業所 92社

<集荷重量>
基板(アルミ無) 基板(アルミ有) ABカプラー センサー類 合 計
4,142.5 kg 171.5 kg 776.5 kg 5,594.0 kg 10,684.5 kg

都道府県別の詳細データはこちら↓

2021/08/27 13:49

車台詳細情報の未確認は措置対象となります!


【自動車再資源化協力機構より】
平素はエアバッグ類車上作動処理業務にご協力いただきありがとうございます。
現地監査にてエアバッグ類の未処理が発見された際の主な要因は「車台詳細情報の未確認」 によるエアバッグ類装備位置・個数の誤認識でした。 車台詳細情報を確認せず車上作動業務を実施していた場合、規約第7条の規定に従い、登録の取り消し、または一時停止等の措置を行う場合がありますので必ず車台詳細情報を活用く ださい。

↓↓詳細はこちら↓↓(自再協HP)
http://www.jarp.org/pdfs/information/20210824_ab_information.pdf


2021/08/24 14:42

自動車リサイクル士制度のご紹介


この度『自動車リサイクル士制度』のご紹介と実際に取得された方の声をまとめた動画を作成しました。

この資格制度を自動車リサイクルに関わるプレーヤーの皆様に知っていただき、ご活用していただけるような「キッカケ」となればという思いを込めた動画となっております。

自動車リサイクル士制度の詳細はこちら↓↓
https://www.elv.or.jp/35-87-0.html

現在、2021年度の自動車リサイクル士新規講習会・更新講習会のお申込を受付中です。


皆様のお申込みを心よりお待ちいたしております。

2021/08/11 10:32

 誤った個別作動処理手順により発熱・発煙事故が発生しました!


【自動車再資源化協力機構より】
先般、エアバッグ類個別作動処理の際にエアバッグコントロールユニットに接続されているコネクタ部の配線を切断し、束ねて通電したことで車室内のハーネスが発熱・発煙し、車内の一部が焦げる事案が発生しました。
重大な人的・施設被害を引き起こす可能性があることから、必ず適正処理情報に基づいた作業を実施ください。

↓↓詳細はこちら↓↓(自再協HP)
http://www.jarp.org/pdfs/information/20210730_ab_information.pdf


2021/08/02 11:55

▲ページの先頭に戻る